nakaji art

我が心と身体が捉えた美について

タグ:葛飾北斎

行ってまいりました。
大妖怪展 江戸東京博物館 看板
大妖怪展 江戸東京博物館 チラシ

国宝《辟邪絵 神虫》や重要文化財《土蜘蛛草紙絵巻》、《百鬼夜行図》(8月2日より展示)などの貴重な絵画作品から伊藤若冲《付喪神図》、葛飾北斎や歌川国芳の妖怪画、幽霊画、土偶、果ては現代の「妖怪ウォッチ」まで、「妖怪」をテーマにした展示物が一堂に会した今回の展覧会。

江戸東京博物館が現在、金曜日の夜間は開館していない(7月29日から)ということで、日中の仕事を終えた後に立ち寄ることもできず、梅雨の明けきらない土曜日の日中に観覧に行ってまいりました。

少し嫌な予感はしていたのですが、自動ドアを開いて館内に入ると特別展示室前のチケット売り場は既に長蛇の列。
早々に退散して、3階のチケット売り場へエスカレーターで向かいました。

すると、1階ほどではないですが、3階の売り場もかなりの数の老若男女が並んでいました。
巷に妖怪ブームが来ているということなのでしょうか。
特別展のみを観覧希望の方はインターネットで事前にチケットを購入していくことをお勧めいたします。
(常設展との共通券は館内販売のみ。インターネットでの販売はありませんので注意。)

常設展との共通券を購入すると、エスカレーターで再び1階に戻り、特別展示室へむかいました。
入口前で傘の持ち込みはNGということで番号札を渡され、傘を預けることに。会場の周囲にも施錠式の傘立てはありましたが、ほとんどが既に埋まっていました。
入口左手にある無料のコインロッカー(100円を投入する必要がありますが開錠時には返却されます)に入れなくてはいけないような手荷物は他になかったのでそのまま展示室内へ。

入場までの待ち時間はなかったものの、展示室内は激混みでした。
ガラスケースの前には人だかりができ、それが順路に沿って奥へと蛇行しながら続いています。
展示室内の所々で通路が狭い箇所があるために列が渋滞し、誰もが展示物をじっくり観ようとケースを覗き込んでいるために列はなかなか前に進みません。
展示室を入ってすぐのケースに収められていた葛飾北斎の《天狗図》や伊藤若冲の《付喪神図》の前には人だかりが停滞していてなかなか最前列で観ることができませんでした。
以下の写真はポストカードの伊藤若冲筆《付喪神図》です。江戸時代の絵師とは思えないシュールなタッチですね。若冲はリアルからデフォルメまで様々なタッチで描くことができる天才絵師なのだと改めて感嘆しました。
伊藤若冲「付喪神図」

これではとてもじっくり作品を鑑賞することなど無理と早々に諦め、
今回どうしても観ておきたい2作品、国宝《辟邪絵 神虫》と重文《土蜘蛛草紙絵巻》にターゲットを絞ることにしました。
会場の奥に行くに従って徐々に人垣がまばらとなってきます。他の鑑賞者の迷惑にならないように人垣の合間にすばやくポジションを確保してなんとかこの2作品を観ることができました。
土蜘蛛草紙絵巻辟邪絵 神虫

特に《辟邪絵 神虫》(写真下)のインパクトは絶大で、黒い斑点の浮いた胴から伸びる腕で鬼を捕え、貪り喰う様は実にグロテスクでゾクゾクするほど美しい。大きく裂けた口の周りに煙る血しぶきが何とも生々しいです。

観覧者が渋滞しがちな会場の角に設置されたガラスケースの中に収めらている牛鬼の図も個人的には完成度が高いと感じました。保存状態も良く色彩も鮮やかです。

会場の奥では幽霊画までまとめて観ることができます。
特に円山応挙の幽霊画は不気味さでは一線を画していました。必見です。

会場の出口近くには遮光器土偶を筆頭に異形の土偶達が4体展示され、さらに現代の妖怪としてジバニャンをはじめとする「妖怪ウォッチ」のキャラクター・フィギュアが展示されていました。その脇には各キャラクターが現在のデザインに至るまでの試行錯誤の過程がボツも含めたラフ画によって展示されているのは興味深かったです。とはいえ、これらの展示は今回の展覧会のカラーからするとちょっと蛇足というか無理やりとってつけた「客寄せパンダ」感が否めません。夏休みをひかえて、大人から子供まで楽しめる展覧会を企画したのかもしれませんが、そのスペースがあるならもっと過去の貴重な妖怪画を展示してくれた方が展覧会の締めくくりとしては良い気がしました。現代の妖怪代表ということなら、「妖怪ウォッチ」よりも水木しげる先生の『ゲゲゲの鬼太郎』の原画を展示してくれた方が私としては大興奮なわけですが。

鑑賞後はグッズ売り場にてポストカードの他に図録(カタログ)を購入しました。妖怪のおどろおどろしさとは無縁の赤と白を基調としたスタイリッシュな表紙です。
大妖怪展 図録 カタログ


グッズ売り場にはアメシンの飴細工職人の手による牛鬼と《百鬼夜行図》に登場する妖怪達の飴細工が展示されていました。その見事な出来栄えもお見逃しなく。

ご興味を抱かれた方は是非。

「大妖怪展」公式サイト
http://yo-kai2016.com/

行ってまいりました。
サントリー美術館 広重ビビッド 入口

日本財界の重鎮、日本化薬株式会社元会長だった原安三郎の蒐集した浮世絵コレクションのうち、歌川広重の代表作〈名所江戸百景〉および〈六十余州名所図会〉を堪能できる今回の展覧会。
しかも、展示されているのは摺りの手数を簡略化したいわゆる普及版の「後摺(あとずり)」ではなく、貴重な「初摺(しょずり)」のなかでも初期のもの。初摺の行程では、広重と摺師が色彩や摺りについて綿密なやりとりをしながら制作が進められ、広重の作品に対する思いや意図、技法などが隅々に至るまで妥協なく表現されています。また版木が摩滅していないために摺りの線がくっきり鮮明で、色彩も鮮やかです。さらに、保存状態が極めて良好なため、退色が少なく藍色のぼけも美しい。
さらに、本展では葛飾北斎や歌川国芳の名所絵も展示されていました。北斎の有名な《神奈川沖浪裏》や《赤富士》はもちろん、現存数の少ない〈千絵の海〉が10図すべて揃うのも見どころです。

広重の構図の切り取り方は実に大胆で、前景から後景への奥行きのある画面は思わず絵の大きさを忘れてしまうほどの空間の広がりを感じさせ、見飽きることがありません。

私の一番のお気に入りは、出口付近に展示されていた〈名所江戸百景〉のうちの《大晦日の狐火》という作品です。
一見、広重らしくない作品なのですが、狐と狐火が群れ集う真夜中の晦日の風景が実に妖しくも美しく表されていました。細部に至る妥協のない精密さはこの作品に対する広重の気迫がみなぎっているように感じられました。

展示を見終えると、グッズ売場へ。
広重ビビッド 図録 カタログ 歌川広重 サントリー美術館
図録は装丁も美しいですが、内容が充実しています。本展を開催するにあたり、〈名所江戸百景〉ならびに〈六十余州名所図会〉について描かれた場所の現地取材が行われたそうです。展示の際にも広重の作品と現在の写真が並べられて設置されており、両者を見比べながら楽しむことができました。図録にも現在の風景写真が収録されているので、比較を楽しみつつ、広重の視線で現代の風景を改めて眺めることで新たな「美」の気づきが得られるかもしれ ません。実際にその場所に立って景色を眺めてみるのも楽しそうです。

広重ビビッド 歌川広重 サントリー美術館 葛飾北斎 グッズ しおり
こちらはグッズ売場にて購入したしおりです。
しおりを傾けると、北斎の《神奈川沖浪裏》の大波がうねるように動くユニークな一品。ドイツ製。


ご興味を抱かれた方は是非。

広重ビビッド展 公式サイト
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_2/

↑このページのトップヘ