nakaji art

我が心と身体が捉えた美について

タグ:東京都美術館

行ってまいりました。
ポンピドゥーセンター傑作展 東京都美術館 チラシ
ポンピドゥーセンター傑作展 東京都美術館 入口 看板
ポンピドゥーセンター傑作展 東京都美術館 入口 ポスター

今年の5月の連休中に実際のポンピドゥー・センターを訪れたばかりだったのですが、
東京都美術館が果たしてどのような展示を行うのかと半ば興味本位で観覧してまいりました。

うーむ、やはり実際の場を体験した後ではどうしても物足りなさを感じざるを得ない、というのが素直な感想です……。
「傑作展」とはいえ、今回展示される作品数は70点のみ。
1906年から77年までを象徴する傑作を1年に1作家1作品のみ展示するという思い切った構成です。

本場のヴォリュームと内容とは比較にならないとはいえ、20世紀モダン・アートの流れを把握するにはとても見やすく分かりやすい展覧会だと思いました。
展示数が少ない分、作品のひとつひとつにじっくり時間をかけて鑑賞できるので、作品の新たな魅力に気づくことができるかもしれません。

中でも私のお気に入りの絵画はやはりベタなのですが、シャガール《ワイングラスを掲げる二人の肖像》、ピカソの《ミューズ》、マティスの《大きな赤い室内》といった作品でした。
立体作品ではブランクーシ《眠れるミューズ》、アレクサンダー・カルダー《4枚の葉と3枚の花びら》が秀逸だと感じましたが、ジャン・アルプやジャコメッティの作品はパリで見た作品に比べてサイズがとても小さく、思わず「小さいなぁ……」とがっかりしてしまいました。まあサイズが大きければ傑作というわけではないですが、やはりインパクトに欠けてしまいますよね。

それから、もう一つ、映像作品で素晴らしい傑作と出逢うことができました。
クリス・マルケルの「ラ・ジュテ」という短編作品です。
28分ほどのモノクロ・35ミリフィルムのサイエンス・フィクション映画なのですが、
映像はほとんど静止画で、写真を繋げたような場面構成です。舞台は世界大戦後の荒廃したパリという暗く物悲しい近未来。ある男が自らの記憶を頼りに戦争前の平和な過去へとタイムスリップする実験の被験者として志願します。彼が過去の世界で見たものとは……。
技術的には当然ながら古い映画なので未熟なものですが、そのストーリー展開と演出の巧みさに思わず引き込まれて最後まで鑑賞してしまいました。
鑑賞後もそのストーリーについてずっと考えてしまうほど詩的で深い映画です。
テリー・ギリアムの「12モンキーズ」の原案になったことでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

出口付近にはレンゾ・ピアノの設計したポンピドゥー・センターの模型と建設中の映像が流されていましたが、これもやはり実際の建物を目の当たりにしないことにはいまいち感動がありません。
以下は今年の5月にパリで撮影した実際のポンピドゥー・センターの建物です。ご参考までに。
ポンピドゥー・センター 外観 パリ

さて、鑑賞後はグッズ売り場へ。
ポストカードを購入しました。
ポンピドゥーセンター傑作展 グッズ ポストカード

さらにチケットが月別のグッズ引換券付きだったため、レジにてグッズと交換しました。6月のグッズは表紙にポンピドゥー・センターがプリントされた文庫サイズのノートです。ノートの隣にあるのは会場限定のアクリル・キーホルダーのガチャガチャ。ジャン・デュビュッフェの《騒がしい風景》が出ました。
ポンピドゥーセンター傑作展 グッズ ノート キーホルダー

図録は買おうか迷ったのですが、中を見ると会場にも展示されていた各作家達の言葉が作品とともに掲載されていたので購入しました。
ポンピドゥーセンター傑作展 グッズ 図録 カタログ


ご興味を抱かれた方は是非。

ポンビドゥー・センター傑作展公式サイト
http://www.pompi.jp/

この度、パリの美術館案内をAmazon Kindleにて出版致しました。
パリ旅行のお供に是非。



下記YouTubeサイトにて本の紹介動画も公開中です。

行ってまいりました。

生誕300年記念 若冲展 チラシ 表

昨日(4月22日)が開催初日ということで、
どれくらい混雑することやらと不安と期待が入り混じりつつ会場に到着(PM6:30くらい)。
入場待ちの行列はありませんでしたが、会場内はやはり激混み状態でした。

美術展は入口付近が最も混み合うことが多いので、地階の作品鑑賞は潔く後回しに。
展示作品を人垣越しにチラチラ眺めつつ地階の展示室を出てエスカレーターを使って1階へ。

1階の展示室はさらに人で溢れていました。
それもそのはずです。
その楕円形の展示室のガラスケースのむこうには《動植綵絵》30幅と《釈迦三尊像》3幅が
ズラリと掛けられていたのですから。

ガラスケースの前には黒山の人だかりができ、肝心の絵がよく見えません。
他の企画展の目玉展示物のように絵の前にロープを張って通路を設けて、
立ち止まらないように促しながら鑑賞させることもしていないため、
人垣もなかなかガラスケースの前に留まったまま動きません。
スタッフが遠くの方から「歩きながらの鑑賞をお願い致します」と小さな声をかけてはいますが、
会場内のカオスにかき消されてしまい何ら効力を発揮していませんでした。

いくら遠目から眺めていても、若冲の細部にわたる超絶技巧を堪能することは肉眼では難しいでしょう。

そこでこれから鑑賞に行く皆様にお勧めしたいアイテムが、
モノキュラー(単眼鏡)です。
4倍ほどの倍率のものが手ブレのストレスもなく、
すぐに観たいものにピントが合わせられて使いやすくオススメです。





今回、私も初めて上記のモノキュラーをAmazonにて購入・持参したのですが、
これほど役に立つとは予想していませんでした。
とても小型なのでポケットにも入りますし、レンズも明るく、
薄暗い展示室内の鑑賞に威力を発揮してくれました。

ただ、遠目からでもレンズを覗いていると前を忙しく人が通り過ぎて視界が遮られます。

やはり、何としても側で観たい。

ということで、楕円形のガラスケースの端に自然発生的にできた列の最後尾に並ぶことに。
誰もが身を乗り出して若冲の緻密な描写をじっくり眺めているため、
列は遅々として進みませんが、そこは日本人の礼儀正しさが功を奏し、
少しずつではありますが、前へと人が流れていきます。

ガラスケースの前には膝より少し高いくらいの敷居が設けられているので、
いくら身を乗り出しても、絵の細部までを観ることは困難です。
ここでも大活躍したのが、モノキュラーです。

モノキュラーのレンズを通して観ると、若冲の緻密すぎる(!)描写に深い感動を味わえます。
色彩の鮮やかさと構図の大胆さも鑑賞者の心をとらえて放さないのですが、
注目すべきは人間技とは思えない細部にわたる緻密な描画です。
鳳凰の羽根の一筋一筋の描写はレースのように繊細で美しく、
鶏のトサカや目の周り、脚には人間の手が施したとは思えないほどの小さな点描が無数に見られ、
おもわず鳥肌がたち、「何だこれは!」と幾度となく心の中で叫びました。
まさに「画狂」という言葉がしっくりくるほどに一切の妥協を許さない超高精細、高密度の描写に溜め息の連続です。
画集では決して味わえない実物と対峙してこその体験と感動でした。

私が絵画を鑑賞して心の底から驚嘆したのはこれが初めてです。

およそ10年という歳月をかけて、これほどの高い集中力を持続させて大作を完成させた
若冲の精神力は神がかっているといっても過言ではありません。

閉館時刻の20:00ギリギリ(最後は警備員の方々に「どうかご理解ください」と追い出される)まで、
出口付近の《鳥獣花木図屏風》を眺めつつ、後ろ髪引かれる思いで展示室を後にしました。

その後はグッズ売り場へ。
ここもやはり激混み。

グッズは一通り眺めたところ、
定番の図録、ポストカード、一筆箋、缶バッジ、クリアファイル、マグネット、しおりはもちろんのこと、
マグカップ、扇子、エコバッグ、トートバッグ、Tシャツ、手拭い、胡粉ネイル(若冲がまだ三十代だった頃、宝暦元年から、胡粉を主に扱う日本絵具専門店として京都の東洞院通に店を構えていた「上羽絵惣」製。胡粉や自然由来の顔料を使用した水溶性のネイルカラーは爪に負担が少なく、臭いがほとんどしない。《鳥獣花木図屏風》からイメージした10色の特別パッケージ。〈以下、カッコ内解説は〈公式サイトより引用〉)、団扇(動植綵絵の京うちわ。全6種、各50本、合計300本の完全限定製作品。若冲が生まれた三百年前から京都で団扇を作り続けている《小丸屋住井》に特注した、展覧会限定・特別製作の京うちわ。扇面と持ち手が別々に作られる手法がその特徴。)、瓶入りの日本酒(若冲が生きた300年前には既に伏見で創業していた、老舗の酒造所「山本本家」の純米酒をオリジナルボトルに。正面から見た時に白象と重なる升目が正方形に見えるように、裏側には縦長の升目をプリント。焼き付け加工済みのボトルのため、飲み終わった後も洗浄して使用可能。)、《鳥獣花木図屏風》に登場する白い象のナノブロック(会期中5,000個販売予定。)などバラエティーに富んでいました。

会計待ちの長蛇の列に辟易としつつ、やっとのことで図録とナノブロックを購入。
生誕300年記念 若冲展 図録 グッズ ナノブロック

図録は生誕300年記念に相応しい豪華な装丁と内容です。もちろん、今回の展示作品も網羅されています。
生誕300年記念 若冲展 図録
生誕300年記念 若冲展 グッズ 図録 中身 鳳凰


ナノブロックは渋い緑とらくだ色の二種類の巾着に入っており、表面には「若冲」の文字がブロック状に表記されています。
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック アップ

生誕300年記念 若冲展 図録 グッズ ナノブロック 札

生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 巾着 ロゴ


巾着を開いて中身を取り出します。
設計図もすべて手描きで凝ったつくりです。
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 中身 設計図

さっそく組み立ててみました。
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 象 正面
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 象 右斜め
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 象 左側面
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 象 背後
生誕300年記念 若冲展 グッズ ナノブロック 象 頭上

ちなみに、図録だけを購入したい方はグッズ売り場の会計に並ばなくても
エスカレーターを降りてすぐの1階の書籍売り場でも購入可能なので、
そちらを利用した方が時間と労力の無駄使いを避けることができるのでオススメです。

開期が1ヶ月と短く、今後の更なる混雑が明らかでも、何とかもう一度訪れたい、もう一目だけでも見たい、そう強く思わせる展覧会でした。

5月10日から一部作品の展示入れ換えが行われる予定なので、可能ならばもう一度、足を運びたいと思います。


ご興味を抱かれた方は是非。

生誕300年 若冲展 公式サイト
http://jakuchu2016.jp

生誕300年記念 若冲展 チラシ 表
生誕300年記念 若冲展 チラシ 裏

2016年4月22日から5月24日まで
東京都美術館にて「若冲展」が開催されます。
たった1ヶ月のみの開催期間ですが、
若冲の生誕300年を記念して初期から晩年までの代表作約80点が展示されます。

若冲が京都・相国寺に寄進した《釈迦三尊像》3幅と《動植綵絵》30幅が
東京で一堂に会するのは初のことです。

何とも開催が待ち遠しいのですが、
開期中は凄まじい混雑が予想されます……。
それを思うと気が滅入るのですが、
ここで《動植綵絵》が生まれた背景について
チョコっとまとめてみました。

展覧会をさらにお楽しみいただく一助となれば幸いです。

伊藤若冲と《動植綵絵》
1639年に徳川幕府の鎖国政策が完了し、以後は長崎の出島を通じて中国とオランダの二国のみが海外文化の流入先となった。中国からもたらされた本草学と南蘋画が流行する時代に生を受けた伊藤若冲(1716~1800)は家業よりも禅と絵画にのめり込み、相国寺の禅僧、大典顕常と交友を結び、37歳で若冲居士を号した。京都・錦小路の青物問屋「桝源」の家督を40歳で弟の宗巌に譲り、その後は画業に専念する。若冲の寿蔵に刻まれた大典和尚の碑文によれば、当初は狩野派に弟子入りし、その後、宋元画を模写するが、自らの理想とする絵画には辿り着けないと悟るや、鶏を庭に放し飼いにし、その生態を数年にわたって観察した後に初めて草木や他の鳥、魚や虫を描く術を心得たという。若冲は約10年の歳月をかけて30幅の彩色絹本画である《動植綵絵》を完成させた。そこには驚異的な細密描写と鮮やかな色彩により、動植物の姿が刻銘に描かれている。客観的な写実というよりも、その偏執的ともいえる細部の超絶描写は自らの生涯を捧げて森羅万象を描き出し、後世に遺したいとする若冲の気迫が漲る。南蘋画の影響を受けたであろう余白を排するその画面は息苦しいほどの無数の動植物と色彩に溢れている。

ご興味を抱かれた方は是非。
「生誕300年記念 若冲展」公式サイト
http://jakuchu2016.jp

↑このページのトップヘ