行ってまいりました。
サントリー美術館 広重ビビッド 入口

日本財界の重鎮、日本化薬株式会社元会長だった原安三郎の蒐集した浮世絵コレクションのうち、歌川広重の代表作〈名所江戸百景〉および〈六十余州名所図会〉を堪能できる今回の展覧会。
しかも、展示されているのは摺りの手数を簡略化したいわゆる普及版の「後摺(あとずり)」ではなく、貴重な「初摺(しょずり)」のなかでも初期のもの。初摺の行程では、広重と摺師が色彩や摺りについて綿密なやりとりをしながら制作が進められ、広重の作品に対する思いや意図、技法などが隅々に至るまで妥協なく表現されています。また版木が摩滅していないために摺りの線がくっきり鮮明で、色彩も鮮やかです。さらに、保存状態が極めて良好なため、退色が少なく藍色のぼけも美しい。
さらに、本展では葛飾北斎や歌川国芳の名所絵も展示されていました。北斎の有名な《神奈川沖浪裏》や《赤富士》はもちろん、現存数の少ない〈千絵の海〉が10図すべて揃うのも見どころです。

広重の構図の切り取り方は実に大胆で、前景から後景への奥行きのある画面は思わず絵の大きさを忘れてしまうほどの空間の広がりを感じさせ、見飽きることがありません。

私の一番のお気に入りは、出口付近に展示されていた〈名所江戸百景〉のうちの《大晦日の狐火》という作品です。
一見、広重らしくない作品なのですが、狐と狐火が群れ集う真夜中の晦日の風景が実に妖しくも美しく表されていました。細部に至る妥協のない精密さはこの作品に対する広重の気迫がみなぎっているように感じられました。

展示を見終えると、グッズ売場へ。
広重ビビッド 図録 カタログ 歌川広重 サントリー美術館
図録は装丁も美しいですが、内容が充実しています。本展を開催するにあたり、〈名所江戸百景〉ならびに〈六十余州名所図会〉について描かれた場所の現地取材が行われたそうです。展示の際にも広重の作品と現在の写真が並べられて設置されており、両者を見比べながら楽しむことができました。図録にも現在の風景写真が収録されているので、比較を楽しみつつ、広重の視線で現代の風景を改めて眺めることで新たな「美」の気づきが得られるかもしれ ません。実際にその場所に立って景色を眺めてみるのも楽しそうです。

広重ビビッド 歌川広重 サントリー美術館 葛飾北斎 グッズ しおり
こちらはグッズ売場にて購入したしおりです。
しおりを傾けると、北斎の《神奈川沖浪裏》の大波がうねるように動くユニークな一品。ドイツ製。


ご興味を抱かれた方は是非。

広重ビビッド展 公式サイト
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_2/