nakaji art

我が心と身体が捉えた美について

タグ:グッズ

行ってまいりました。
メスキータ展_入口_東京ステーションギャラリー

まず驚いたのがギャラリー入口脇のラックに挿してあったフライヤー(チラシ)のデザインが5種類もあり、しかも表と裏に掲載されている作品が全て違うという力の入れよう。
このような点にも一人でも多くの人に展覧会に足を運んでほしいという主催者の意気込みが感じられます。今年2019年はメスキータ没後75年にあたり、日本初の本格的な回顧展となります。

以下がその素晴らしいフライヤー。紙質のざらつきも手に心地よく、印刷も鮮明で黒と白のコントラストがシンプルで美しい。
会場を訪れた際には是非お手にとってご覧ください。
メスキータ展チラシ01
メスキータ展チラシ02
メスキータ展チラシ03
メスキータ展チラシ04
メスキータ展チラシ05

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868~1944)は、あまり日本人には馴染みのない作家だと思いますが、あの騙し絵で有名なM.C.エッシャーが師事し、生涯敬愛してやまなかったグラフィック・アーティストでもありました。ユダヤ人であったためにナチスのゲシュタポにより家族ともども逮捕され、アウシュヴィッツ強制収容所で生涯を閉じることとなります。戦争中、そのアトリエに残されていた膨大な作品群をエッシャーら友人達が必死に守り抜いたことにより今日私達が目にできる素晴らしい作品が失われることなく済みました。
その作品は木版画やエッチング、ドローイング、ペインティングなど多岐にわたります。
今回の展覧会は何といってもそのシンプルかつ繊細な木版画の創り出す黒と白の世界を堪能できる絶好の機会となります。
彫刻刀の作り出す線の強弱によって人物や動植物を実に細部に至るまで巧みに彫り分けていることに驚き、思わず時を忘れて見入ってしまいました。
どの版画も細部を意図的にデフォルメし、日本の浮世絵にも影響を受けていると言われている大胆なレイアウトにより観る者に強い印象を残します。初期のエッシャーの作品がメスキータの影響を受けていることにも納得がいきます。どの作品も一度目にしたらずっと観ていたいほど強烈な魅力を放っているのです。

版画とは別にまるで無意識の世界を描いたようなシュールなドローイング作品もメスキータのもう一つの魅力。向かい合う二人の人物達が印象的な作品が多いのですが、鑑賞者はその表情から様々な物語を想像して楽しむことができます。

会場の最後に以下のような撮影可能ゾーンがあります。
メスキータ展_撮影ポイント

会場を出た先にあるミュージアムショップでは、定番のポストカードに図録、ステッカー、チケットホルダー、トートバッグ、ノートなどのグッズが売られていました。
以下のポストカードを3点購入しました。
メスキータ展_グッズ_ポストカード


最後に東京ステーションギャラリー内の展示室途中にある美しいシャンデリアとステンドグラスもお見逃しなく。
東京ステーションギャラリー_シャンデリア


ご興味を抱かれた方は是非。
メスキータ展公式サイト:




Tシャツトリニティというサイトにてオリジナル・キャラクターを使ったTシャツとグッズの販売を開始致しました。

初期のラインナップは以下の通りです(Tシャツのカラー・ヴァリエーションは下記リンク先の各商品ページをご確認ください)。


最初にご紹介するのは、
国宝《鳥獣人物戯画》と日本のアニメから生まれたウサギをモティーフにしたオリジナル・キャラクター「ナギ」のTシャツ。
疾走する姿と正面ポーズの2種類をご用意しました。
マスコット03 オリンピック Tシャツ Tokyo2020
マスコット01 オリンピック Tシャツ Tokyo2020


購入は以下のサイトからできます。
疾走ヴァージョン
https://www.ttrinity.jp/product/4007272#1
正面ヴァージョン
https://www.ttrinity.jp/product/4005675#6


続いて、ナギと同様のコンセプトから生まれたカエルのキャラクター「ナミ」のTシャツ。
マスコット02 オリンピック Tシャツ Tokyo2020


購入は以下のサイトからできます。
https://www.ttrinity.jp/product/4007279#210


そして、疾走するふたりをデザインしたスマートフォン用ケース(手帳型)です。

開いた状態
マスコット02 オリンピック スマホケース Tokyo2020
折りたたんだ状態
マスコット01 オリンピック スマホケース Tokyo2020
購入は以下のサイトからできます。
https://www.ttrinity.jp/product/4005663#378


※上記イメージ写真はすべてTシャツトリニティのサイトから転載させて頂いております。


今後は上記のキャラクターに限らず、色々なデザインを順次増やしていく予定でおりますので、
ご興味を抱かれた方は購入いただけたら嬉しいです。

行ってまいりました。
ダリ展 ポスター 国立新美術館 2016

そのデビューから晩年に至るまでの作品250点あまりが一堂に会した今回の「ダリ展」。
我が国ではおよそ10年ぶりの回顧展となり、過去最大規模ということで期待が高まりました。
その展示作品も名高いシュルレアリスム絵画にとどまらず、オブジェ、ジュエリー、書籍、舞台衣装のデザイン、映像までと実に幅広く、芸術家としてのダリの活動を俯瞰できる展覧会構成となっています。

美術の教科書で初めて目にしたあのグニャリと歪んだ時計に蟻の群がる絵はよく意味は分からないながらも、私も含め多くの人々にとって忘れがたい記憶として残っているのではないでしょうか。あのような奇想天外ともいえる発想は作者の頭のどこから出てきたのか、一見自己演出過多ともとれるヒゲの両端をピンと立て、ギョロリとした目でこちらを凝視するサルバドール・ダリの創作の秘密を垣間見ることができました。

中でも私が強く心惹かれたのは《奇妙なものたち》という油彩とコラージュの作品。
サイズの大きな絵ではないのですが、星の輝く夜の空間の中に置かれたソファや建物の壁が放つ鮮烈な赤が観るものをとらえて離しません。
描かれた謎だらけの「奇妙なものたち」を眺めながらいつの間にか絵の中の世界へと没入している自分を発見しました。現実ではないどこか異次元へと誘ってくれる、シュルレアリスムを代表する天才ダリの技量に思わず溜め息です。

その他には、映像作品としてディズニーとコラボしたアニメーションも一部ですが上映されており、こちらも二人の天才が互いの力を存分に発揮した素晴らしい作品となっています。必見です。

さらに原爆による広島・長崎、第五福竜丸、福島原発事故など核の脅威にさらされた世界に生きる我々にとって、実に重い主題を突きつけてくる油彩画《ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌》。
人間の愚かしさとグロテスクな欲望をダリはカンヴァスに見事に描き出しています。

さて、鑑賞後はグッズ売り場へ。
巨大な福引きマシンのようなものがお目見えです。
ダリ展 グッズ ピンバッジ 国立新美術館 ガチャ
係りの方に300円を払うと福引き券のようなダリ紙幣と交換してくれ、ハンドルを回すことができます。福引き機(?)の穴からレーンへと転がり落ちてくる白い卵型のカプセルをすかさずキャッチしましょう。中を開けると今回の展示作品をモティーフにしたピンバッジとシールが。
会場限定という言葉の誘惑に負けて3回ほど回してみました。欲しかった「歪んだ時計」が出ました。
ダリ展 グッズ ピンバッジ 国立新美術館 カプセル

そして、《奇妙なものたち》のポストカードも購入。
ダリ展 グッズ ポストカード 奇妙なものたち 国立新美術館


ご興味を抱かれた方は是非。
「ダリ展」公式サイト http://salvador-dali.jp/

Taro T-Shirts Competition Tシャツ コンペ デザイン案05 playtaro
この度、PLAY TARO(岡本太郎記念財団)主催による「オリジナルTシャツ デザインコンペ」にて、
上記のデザイン案が一次審査を通過致しました。

一次審査のポイントの1つはアクセス数ということでした。
この場をお借りしまして、私のデザイン案をクリックして頂いた皆様に感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。 

さて、二次審査はこのデザイン案に基づいたTシャツを実際に制作し、
さらに1分以内のプレゼン用動画も提出し、
それら2点が審査の対象になるようです。
今回クリック頂いた皆様のご期待にお応えできるように力を尽くしたいと考えております。

ありがとうございました。

PLAY TARO公式サイト
http://playtaro.com

行ってまいりました。
ラピュタ 空飛ぶ機械達展 飛行艇 シティビュー
ジブリの大博覧会 東京シティビュー チラシ

スタジオ・ジブリ30年の歩みを振り返る今回の展覧会。
7月7日の初日にさっそく観覧してまいりました。
入口を入ると、まずはスタジオが制作した数々の名作アニメーションのパネルの展示。
それを抜けると最新作『レッドタートル』の紹介です。
このあたり、鈴木敏夫プロデューサーの宣伝力を感じます。
ただ、最新作の紹介を最初に持ってきたことで、何だかこの展覧会自体が映画公開前の宣伝活動に思えてきて少しがっかりしてしまいました。まあ実際そうなのでしょうが……。
だったら1,800円は少し高いのでは……とは庶民の意見。まあこのチケットで夜景観賞と森美術館にも入館できるのでお得感はあるのですが。

さて、肝心の展示の内容ですが……。
正直に申し上げて「期待はずれ」でした。
まず「大博覧会」と銘打つには展示の内容があまりにお粗末です。
てっきり宮崎駿氏と高畑勲氏の両氏が中心となってスタジオが30年間で培ってきたアニメーションの高度な技術や制作過程を展示・公開するのだろうと期待していたのですが、実際にはアニメーションに関する技術的な解説はほとんどなく、宣伝用のポスターやパネルが雑念と壁に貼られているだけだったり、これまで製造されてきたジブリのキャラクター・グッズを一堂に展示した空間があったりするだけで、映画の企画書や舞台設定などの資料は申し訳程度に一部の壁に貼られているだけでした。宮崎駿氏の描いた美しいポスター用ラフ画も壁に秩序なく貼られた完成品ポスターの中に埋もれてしまい、じっくり楽しむことができません。
展示の仕方にしても、雑多で大雑把な印象が強く、観る側に何を伝えたいのかが判然としません。この点、先に観覧したピクサー展は時代と作品ごとに展示がしっかりとカテゴライズされており、要所要所でスタッフの熱意のこもったアニメ制作に関する解説動画や実験的な短編アニメを上映したりと、来場者に何を伝え、楽しんでもらいたいのかが明確でとても充実した内容でした。
スタジオ・ジブリも多くの方がご存知のとおり高い技術を持ったアニメ・スタジオです。しかし、それを展示という形でいかに観覧者に伝えるかが見えていない気がしました。
ジブリの大博覧会 東京シティビュー 猫バス 六本木
巨大な猫バスのぬいぐるみに抱きついて記念写真を撮ることが「大博覧会」のメインではないはずです。

ジブリの大博覧会 ラピュタ 空飛ぶ機械達展 パネル1
ジブリの大博覧会 ラピュタ 空飛ぶ機械達展 パネル2
ジブリの大博覧会 ラピュタ 空飛ぶ機械達展 パネル3
ジブリの大博覧会 ラピュタ 空飛ぶ機械達展 風車
ジブリの大博覧会 ラピュタ 空飛ぶ機械達展 掘削機械
ご覧の「空飛ぶ機械達展」も、巨大な飛行艇が無数のプロペラを回しながら空に舞い上がる様は『天空の城ラピュタ』のオープニング・アニメが立体化された感動はありますが、上下動するだけの単調なモーションのため、どこか残念な印象を受けてしまいます。
ジブリの大博覧会 ラピュタ 空飛ぶ機械達展 飛行艇2

ライトアップされると飛行艇の下に広がる街のジオラマはとても幻想的で美しいのですが。
DSC_7207

もう少し展示が続くのかと思いきや、唐突に壁に「おわり」の文字が現れ、展示が終了。
うーむ……何とも言えない消化不良な気持ちが拭えませんでした。
それとも、私が今回の展示に求めたものがまるっきり見当はずれなだけなのでしょうか?

たしかにただジブリアニメの世界を楽しむというだけならば、それなりに楽しめる展示だとは思います。
とはいえ……これはあくまで私個人の感想ですので、ご興味を抱かれた方はご自身の目と心でご観覧ください。

展示を観終えた後はグッズ売り場へ移動しました。
下の写真は海洋堂制作の『風の谷のナウシカ』に登場した蛇螻蛄(ヘビケラ)という蟲のフィギュアです。
ジブリの大博覧会 グッズ ヘビケラ フィギュア 海洋堂 外箱
こちらのパッケージは展覧会場限定のイラストとなっています。
ジブリの大博覧会 グッズ ヘビケラ フィギュア 海洋堂1


ご興味を抱かれた方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

「ジブリの大博覧会」公式サイト
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/




↑このページのトップヘ