nakaji art

我が心と身体が捉えた美について

タグ:オルセー美術館

行ってまいりました。
アンリ・ルソー展 2016 オルセー美術館 ポスター
5月の連休を利用してパリの美術館をめぐってまいりました。
その旅の様子はのちほど語らせて頂くことにいたしまして、
今回はオルセー美術館で現在開催中(2016年3月22日〜7月17日まで)のアンリ・ルソー展の模様をお伝えしたいと思います。

幸いなことに旅行中は晴天に恵まれ、
オルセーを朝(8時半ごろ)に訪れた際もすっきりとした青空が広がっていました。
オルセー美術館 外観 セーヌ川
美術館正面に掲げられたオルセーのロゴとルソー展の看板。
雲ひとつない青空と眩しい陽射しの下、
オレンジとグリーンが鮮やかに映え、期待に胸が高鳴ります。
オルセー美術館 正面

まだ開館時刻(9時半)まで40分ほどありましたが、すでにかなりの人々が入口前で列をつくって開館を待っていました。さすがルーヴルに次ぐパリの人気美術館ですね。
入館口は左手からA~Dまで分かれているのですが、
ミュージアム・パスを購入済みだった私は右端Dの優先入口へ並びました。
パリ・ミュージアム・パス 4日間用 表紙
こちらが「パリ・ミュージアム・パス(4日用)」です。財布のポケットに入れていたためにボロボロですが。
ご存知の方も多いと思いますが、こちらのパスを所持していれば有効期間中(2日用、4日用、6日用の3種類。いずれも連続した日数により使用可。)はパリの主要な美術館や博物館、観光名所が利用し放題になります。(ただし、美術館は常設展のみ有効の場合が多い。企画展は別途料金が必要な場合もあるので注意。)パリの美術館めぐりには必須のアイテムです。
日本でも購入できます。
現地で買おうとすると場所によっては売り切れている場合もあるので、
パリ旅行は初めてという方や現地でフランス語を駆使して購入するのは不安という方は
あらかじめ日本で購入していく方が安心かもしれません。
以下のサイトで購入できます。
http://www.parismuseumpass-japon.com

さて、ようやく開館時刻となり、列が前へ動き始め、観覧客が次々と回転ドアの奥へと入っていきます。その流れに従って館内へ。
入って直ぐ正面に荷物検査のゲートが2列、設置されていました。
日本の美術館に慣れきっていた私は、
荷物検査といってもバッグの中身をチラリと見せるくらいだろうと高を括っておりました。
ところが目の前に設置されているのは空港のような本格的な金属探知機のゲート。
財布やら腕時計、スマートフォンなど身につけていた貴金属はすべて外してトレーに載せ、係員に差し出します。
ここでちょっともたつくと強面の男性職員に「携帯電話は? 全部だ、全部出すんだ!」と
高圧的に言われ、正直少しムッとしました。
まぁ、毎日同じようなことを言い続けているのでしょうから嫌気がさすのは分かりますが、
お客さんにむけてその態度はないだろうと内心毒づきながらゲートを通過しました。
皆様も態度の悪い係員がいても、ここはグッと堪えて穏便に指示に従いましょう。
とにかく我々の目的はゲートの先にある素晴らしい芸術品の数々を鑑賞することで、
係員と無駄な言い争いをする時間と労力は残されていません。
とはいえ、日本の美術館職員の接客マナーの素晴らしさとつい比較してしまうわけですが。

気を取り直して、さっそく企画展示スペースにて開催されている「ルソー展」へ。
以下は入口に置いてあった無料配布の冊子です。
中には今回の展覧会の概要と展示見取図が記されていました。
ちなみにこちらはフランス語版。英語版はありましたが、日本語版はありませんでした。
アンリ・ルソー展 Le Douanier Rousseau 2016 冊子

「税官吏ルソー」と名付けられた今回の展覧会。
ご存知の通り、ルソーは41歳で本格的に画家として人生を歩む以前は「税官吏」として働きながら趣味で絵を描くいわゆる「日曜画家」でした。果敢にサロンへ作品を出品するも、その独学による自由な画風から当時の保守的な鑑賞者や批評家からは酷評され、散々こき下ろされました。
その当時としては異色かつ遅咲きの画家のデビューから晩年までを作品を通して辿ることのできる展覧会の構成となっています。

《戦争》と題された作品もルソーが描くとどこかノスタルジックかつファンタジックに。
画集などでは何度か目にしてはいましたが、実物は鮮やかな色彩が目を引きました。
アンリ・ルソー展 2016 オルセー美術館 ポストカード 戦争

そして、なんといっても《蛇使いの女》と題された絵の放つ色彩と神秘に心を奪われました。
この絵が観たくてオルセーに来たといっても過言ではありません。
深く澄んだグリーンのグラデーション……空に浮かぶ銀色の満月……。
さざ波のたつ水辺のほとりで蛇を首に巻いた褐色の肌の女が静かに笛を吹く。
その笛の音に誘われるように密林の中から姿を現わす大蛇……。
この絵に描かれた森は息づいています。
時を忘れて絵の前に佇んでいると、自分がいつしか絵の中の密林に彷徨い込み、
蛇使いの女の奏でる調べに心を奪われてしまっているかのような錯覚を起こします。
アンリ・ルソー展 2016 グッズ ポストカード 蛇使いの女

さらに今回の展覧会の目玉ともいえるもう一つの傑作。
ニューヨーク近代美術館所蔵の《夢》です。
まさに画家自身の心の中に広がる原色の森をキャンバスに描き出したといえる素晴らしい絵画でした。
アンリ・ルソー展 2016 オルセー美術館 ポストカード 夢

会場を出た先がグッズ売場となっていました。
さっそくポストカードを購入。
アンリ・ルソー展 2016 オルセー美術館 グッズ ポストカード
さらに以下のペーパーウェイト(19ユーロ)の美しさに心惹かれて思わず購入しました。
アンリ・ルソー展 2016 オルセー美術館 グッズ ペーパーウエイト


ご興味を抱かれた方は是非。

オルセー美術館公式サイト
http://www.musee-orsay.fr/en/home.html



この度、パリの美術館案内をAmazon Kindleにて出版致しました。
パリ旅行のお供に是非。



下記YouTubeサイトにて本の紹介動画も公開中です。

行ってまいりました。
ルノワール展 チラシ ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会
ピエール・オーギュスト・ルノワールの傑作として名高いオルセー美術館の至宝、《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》が初来日ということでさっそく鑑賞に伺いました。

画家の初期から晩年までの歩みを作品を通して辿ることのできる今回の展覧会。
一人の画家の絵を描くことに対する飽くなき情熱と探求を感じることのできる構成となっていました。

ルノワールという画家は正直に申し上げまして
私自身、それほど好きな画家ではありませんでした。
明朗で平和な画面は確かに観ていて清々しく美しくはあるのですが、
芸術特有の甘美かつ妖しい毒気がないというか、いまいち中毒性に欠けるというか……。

ゴッホのような深い孤独と哀切も、ゴヤの《我が子を喰らうサトゥルヌス》のような人間の心の闇に巣食う獣性も
ルノワールの創り出す絵画には皆無です。
「後ろめたいこともなく老若男女が安心して観ることのできる健全な絵」という印象でした。

もちろん「明朗かつ健全な絵」という印象は今も変わらないのですが、
邪悪さや毒性を画家自身があえて作品から除去しているという事実を知ったことで、
自身の浅いモノの観方を大いに恥じると同時にルノワール作品の印象がガラリと変わりました。

「世の中は辛く悲しいことばかりだ。だったら絵画が楽しく、幸福に満ちていて何がいけない?」
そのような主旨のことをルノワールは言っています。
ルノワール自身も40代後半からリウマチに体を蝕まれ、晩年は車椅子での生活を余儀なくされ、
動かなくなった手に絵筆を括りつけて創作を続けたといいます。

「幸福に満ちた作品」を創作している人の人生が必ずしもその通りであるとは限らない。
むしろ逆であることの方が多いのかもしれません。
創作活動の奥深さというものをルノワールに教えられました。

さて、今回の展覧会に話を戻したいと思います。
何といってもまずはお目当ての《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》。
会場は連休初日にもかかわらず空いていたので、入口から順番に鑑賞してもよかったのですが、
一番観たい作品を目指して一直線に館内を進みます。
ルノワール展 ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会
今回、実物をはじめて目にしたのですが、まず感じたのが「青が美しい」ということ。
画面の所々に落ちた木漏れ日の美しさは言わずもがなですが、
明るい陽光の下で開かれた舞踏会の賑わいを描きだす画面が所々に配置された人々のまとう服の青のヴァリエーションによって引き締まり、美しい調和をなしていました。
人物配置も一見雑多に見えて、中央にいる人物の形成する三角形の安定した構図やあえて画面を途中で断ち切ることで奥行きを表現するなど、鑑賞者の視線を自然に絵の中へ誘導するような高度な計算が随所に見られます。まさに名画と言われる所以ですね。

その向かいの壁には、二枚の大作(本来は三枚連作)の《都会のダンス》、《田舎のダンス》が展示されていました。
ルノワール展 都会のダンス 田舎のダンス
これらの絵画は《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》に観られるような印象派特有の光の表現はなく、古典主義的な手法で描かれています。この時期、ルノワールは自身の芸術に行き詰まりを感じていました。人物画家のルノワールにとって、印象派の光の表現では人物が背景の中に溶け込んでしまい、存在感と肉感をもった人物を描くことが難しいことに苦悩を深めていたといいます。この《ダンス》連作はルノワールにとって、自身の絵画表現の転換期となる記念すべき作品です。
これから鑑賞に行く皆さまも《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》との表現法の違いを是非お楽しみください。

ちなみにこの二人の女性のモデルですが、
左の《田舎のダンス》の扇子片手に楽しげに微笑む女性は当時ルノワールと恋仲であり、後に妻となるアリーヌ・シャリゴがモデルと伝えられています。
一方の《都会のダンス》で洗練された白いドレスをまとう美女は後にユトリロを産む恋多き女、シュザンヌ・ヴァラドン。ルノワールは彼女の才能と美貌の虜だったといいます。
一説によれば、《田舎のダンス》のモデルもシュザンヌだったとか。アリーヌがあまりに嫉妬するので、ルノワールが仕方なく(?)アリーヌの顔に描き替えたといいます。
そういうエピソードの下に絵を観ると、たしかに《田舎のダンス》のアリーヌの微笑みが少し得意げに見えてくるから不思議です。

会場の奥に行くにしたがって、ルノワールの描く日常の美しい瞬間が次々と現れます。
ルノワール展 ピアノを弾く少女たち

会場の最後には、病に体を蝕まれながらも画家が最晩年に描き上げた大作《浴女たち》がお目見え。
自身の人生がどんなに辛く悲しい状況にあろうとも、ルノワールの筆から明朗かつ幸福な輝きが失われることはありませんでした。
ルノワール展 浴女たち

鑑賞後はグッズ売場へ。
今回の展覧会に合わせて製作された図録、箱入りのお菓子、猫のぬいぐるみ、マグネット、マスキングテープ、ポストカード、クリアファイル、一筆箋、ルーペ、ミニキャンバス、コップのフチ子さんとコラボしたミニフィギュアなどが目に留まりました。

その他には、《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》の世界に入り込んだような360度のヴァーチャルな3D空間を体感できる「ハコスコ」という商品が販売されていました。売り場には同製品のサンプルも展示されていて、体験版を試すこともできます。

結局、定番のポストカードを購入しました。
前売り券の特典である《ジュリー・マネ》の猫をイメージしたぬいぐるみも売場レジにて引換券と交換しました。
オルセー ルノワール展 グッズ ポストカード ぬいぐるみ


ご興味を抱かれた方は是非。

ルノワール展 公式サイト
http://renoir.exhn.jp/

この度、パリの美術館案内をAmazon Kindleにて出版致しました。
パリ旅行のお供に是非。



下記YouTubeサイトにて本の紹介動画も公開中です。

↑このページのトップヘ