nakaji art

我が心と身体が捉えた美について

タグ:アニメーション


自主制作アニメーション短編第2作目となる「喪失の楽園 Paradise of Vanishment」の予告編(トレーラー)をYouTubeチャンネルにて公開しています。
ご興味を抱かれた方はご覧頂けると幸いです。

【ストーリー(Story)】
死後にすべての生命が訪れる「喪失の楽園」。 肉体を失い、精神のみとなった生命体は、残存する心と記憶を仮面に託して消去し、楽園の中心に聳える生命の樹に吸収されることで、純粋な生命エネルギーへと変換されなくてはならなかった。 ある時、その園をひとりの戦死した兵士が訪れた。楽園の案内人である黒衣をまとった猫に導かれ、兵士は自らの生前の記憶を追体験するとともに楽園を支配する掟と生命の真実を知ることとなる。
“Paradise of Vanishment” is the world where all lives must come to after death. Lives, that lose their bodies and exist only as souls, must delete their minds and memories by “Masks”, and be absorbed by the “Tree of Life” and converted into pure life energy. One day, a dead soldier came to this paradise. Led by the guide cat in a black robe, he recalled his memories and knew this paradise’s truth.

本編の公開は今年度中を予定しております。



昨年は海外の映画祭に出品し、現在のところ4つの映画祭にノミネート致しております。
次回作以降で作画技法や表現のレベルをさらに上げていきたいと思いますが、
まったくの個人によるアニメーション制作は、たとえ短い作品でも並々ならぬ時間と労力を必要とするのだとを改めて痛感している今日この頃です。

普通に会社員として日中勤務していると、どうしても作業は平日夜と週末、祝日しか取りかかれず、モチベーションの維持もなかなか困難であることは創作活動をされている多くの方が経験されていることと思います。

とはいえ、それは作品の不出来の言い訳にはなりませんね。
創作者は完成した作品の出来が全て。

何とか完成にまで漕ぎ着けたものの、妥協の産物で、満足とは程遠い出来ではありますが、
少しでも楽しんでご覧いただけましたら幸いです。

ちなみにこのアニメーションには、原作があります。
自作短編小説である「天文学者の恋」という作品です。
Amazon kindleにて発売中ですので、ご興味のある方はこちらもチェックいただけると嬉しいです。

天文学者の恋
中島隆善
空白書房
2012-12-19


 

太陽の塔への愛が強すぎるあまり、ついに太陽の塔をモティーフにしたオリジナルキャラクターを生みだしてしまいました。
このキャラクターを使ってお金儲けをしようなどと企んでいるわけではまったくございませんので、著作権を有する岡本太郎記念財団関係者の皆様方、そして平野暁臣様、それから天国のTAROさんと敏子さん、どうか寛大なお心で一種のパロディとしてお許し頂けたら幸いと存じます。

行ってまいりました。
ピクサー展 東京都現代美術館 モンスターズインク 展示
「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「モンスターズ・インク」「Mr.インクレディブル」「ファインディング・ニモ」など素晴らしいCGアニメーションを次々と世界に送り出すピクサー・アニメーション。スタジオ設立30周年の節目となる今年、東京都現代美術館にて展覧会が開催されています(5月29日まで)。

ピクサー展 東京都現代美術館 看板 
今回の展覧会では、コンピューターアニメーションの制作過程を会場に設置されたモニターで映像により紹介しつつ、その構想段階でスタジオ在籍のアーティストが描いた美しいパステル画やドローイングも展示されています。静止画にもかかわらず、どのキャラクターの表情や動作も実に生き生きとしており、アニメーションの世界観を伝える想像力あふれる背景とともに楽しむことができます。

さらに会場の所々にはスクリーンが設置されており、そこでは短編アニメーションが上映されていました。アニメーションの原理を知ることのできる「トイ・ストーリー ゾートロープ」は何とも不思議で思わず見入ってしまいました。

キャラクターに命を吹き込むというのは、ただ技術力だけでは成し得るものではなく、やはり何度も紙に鉛筆を走らせるというアナログな試行錯誤を経て初めて成し得るものなのだと改めて実感しました。

鑑賞後はグッズ売場にて展覧会カタログを購入。
ピクサー展 東京都現代美術館 グッズ 展覧会 カタログ 図録

時間を見つけて、もう一度、ピクサー作品を第1作目からじっくり観返してみたくなりました。

ピクサー展の鑑賞後は「コレクション・オンゴーイング」展会場へ移動し、ウォーホル、ホックニー、リキテンシュタインやクーニングをはじめとする美術館所蔵の現代美術のコレクションを堪能しました。辰野登恵子、豊嶋康子両氏の特集展示が特に素晴らしく、見応えがあります。

東京都現代美術館ですが、5月29日の展覧会終了後は大規模な改装工事のため休館となるそうです。
今回の企画展と合わせてMOTコレクションを今一度見直す良い機会かもしれません。
東京都現代美術館 ピクサー展 外観

ご興味を抱かれた方は是非。

ピクサー展 公式サイト
http://pxr30.jp/highlights/

この度、LINEの動く(アニメーション)スタンプ、
「昆虫OL ザムザさん」を制作いたしました。

まだ現時点ではLINEストア内での自作の動くスタンプ販売が解禁されてはいない(LINE公式によると2016年後半にサービス開始予定)のですが、スタンプの紹介動画(カタログ)を下記YouTubeチャンネルにて一足早く公開しております。



ご興味を抱かれた方は視聴いただけましたら幸いです。

ちなみに、アニメーションは開発途中のものです。
LINEストアで販売されるものと多少異なる場合があることを予めご了承ください。

↑このページのトップヘ