nakaji art

我が心と身体が捉えた美について

カテゴリ: 映画レビュー

本日(5月28日)が公開初日ということで、TOHOシネマズ錦糸町にて鑑賞いたしました。
映画『手をつないでかえろうよ』劇場前  ポスター

昨年同日に大腸癌のために逝去された俳優の今井雅之さんが企画・脚本・主演を務めた舞台劇の映画化が今作品ですが、奈良橋陽子氏が監督を引き受け、出演者、スタッフが今井さんの遺志を継いで一致団結して完成に漕ぎ着けました。たいへん残念なことに今井さんの遺作となってしまった今作ですが、病状を伝える記者会見でも「映画が完成するまでは生きていたい」と声を振り絞って仰っていた今井さんの姿が印象的でした。

創作に命をかける者にとって、作品の完成を見届けることなく、未完成のまま自らの命が尽きてしまうというのは、とてつもなく無念で悔しいことだと思います。

あれほど屈強な肉体と精神を持ち合わせていた今井さんが会見で見せた涙に、その無念さが集約されていました。

しかし、今井さんの夢であった映画は、監督、スタッフ、出演者が一致協力することで完成し、本日、今井さんがこの世を旅立たれてちょうど一年後に公開されました。まさに今井さんの生前の人徳が人々を動かし、ひとつの夢が形になったのだと思うと感慨深いです。

映画の内容に関してはネタバレになってしまうので詳しくは申し上げられないのですが、生きることや死ぬこと、人を愛する大切さやなぜ人は争うのかについてという深いメッセージを随所に散りばめながらも決して説教くささや重苦しさを感じさせないとても爽やかかつ心温まるロード・ムービーでした。

今井さんが命を燃やして最後に伝えたかったメッセージ、「どんな逆境の最中にあっても人生を諦めることなく、夢を持って日々を精一杯生きること」が静かな感動とともに胸に去来しました。

出演者の皆さんの演技も素晴らしく、映画の世界に引き込まれ、あっという間の107分でした。

映画鑑賞後の舞台挨拶で奈良橋陽子監督が、「彼(今井さん)の人生をしっかりと祝福してあげたかったのです。夢は思い続ければ必ず叶います」とすっきりとした表情で仰られた姿が深く心に残りました。

以下の写真は映画公開後の初日舞台挨拶の様子です。
映画『手をつないでかえろうよ』 公開初日 舞台挨拶 出演者一同
座席が遠かったためにボケてしまっていますが、監督と出演者の皆さんはどなたも今井さんを偲びながらも、作品を完成させた達成感と充実感に溢れた素敵な表情をされていました。


ご興味を抱かれた方は是非。

『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』公式サイト
http://www.teotsunaidekaerouyo.com/

Let's go for it!
今井 雅之
岩波書店
2016-05-13

映画『サウルの息子』 ポスター ヒューマントラスト 有楽町


ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞致しました。

以下、本編のネタばれを含みますので、
まだご覧になっていない方はご注意ください。


冒頭で「ゾンダーコマンド」についての説明があります。
「ゾンダーコマンド」とは、ナチスの強制収容所で主にガス室送りとなった囚人達の遺体の処理や金品の回収を任された特殊部隊です。囚人達の中から選抜され、彼等自身もやがて殺される運命にあります。

最初のシーンはいきなりピンボケした映像から幕を開けます。
木立の緑がぼんやりと見え、どこかの道を映しているらしい映像と無音の状態が少し長めに続きます。
観ている側は当然「おや?」と思い、やがて居心地が悪くなり始めます。

すると足音とともに画面の奥から一人の男が歩いてきて、
カメラは男の顔にフォーカスします。

その瞬間からまるでカメラがその男、サウルに憑依したがごとく
本編ラスト近くまで彼の正面と背後をひたすら中心に据えて映し続けることになります。

それは主人公サウル・アウスランダー(=Auslanderとはドイツ語で異国人の意味。彼の素性は明かされることなく謎のままなので、まさにその名が示すとおりと言えます)の視点であり、また我々の視点でもあります。

周囲の光景はぼやけ、サウルの動きに合わせてカメラがブレることもしばしばあり、
サウルの視界以上には画面の広がりもないために、彼の視界の外で何が起きているのか鑑賞者が考え、理解しながら視聴せざるを得ません。
観ているうちにかなりのストレスを感じると思います。
しかし、これこそが監督の狙いなわけですね。

静寂とピンボケから始まった映像はサウルという1人の男の肉体を得て、
途端に喧騒の中に観る者を放り込みます。

ドイツ語を中心とした東欧の言語での人々の嘆きが飛び交い、足音が響き、
その周りを牧羊犬のごとく目付き鋭く見張り、動き回るサウル。

やがて、
人々は身包みを剥がされ、「シャワー室」へと追い立てられます。
泣き叫ぶ人々の声。
人々が脱いで吊していった衣服から慣れた手つきで金品を漁り、
奪い取っていくサウルをはじめとするゾンダーコマンド達。
重い音とともに閉じられる鉄の扉。
その扉の傍に立ち、うつむくサウル。
やがて扉の奥で悲鳴が絶叫に変わり、必死に扉を叩く音が虚しく響き渡り、
毒ガスが噴射されたことが分かります。

まるでサウルが目を閉じて意識を切ったがごとくのしばしの暗転の後、
カメラはガス室内でゴミの山のように積み上がった遺体を処理し、
黙々と床を磨くサウルの背中を映し続けます。

サウルにピントが合っているために周囲はぼんやりとしか映りませんが、それがかえって観る者の想像を掻き立て、さらに床を磨く生々しい音に慄然とさせられます。まさに人間が地上に具現化した地獄の様相。

その作業の最中にサウルがふと背後を振り返る。
今までピンぼけだった視界が急に焦点を結びます。
毒ガスで死にきれなかった一人の少年が苦しそうに喘いでいます。
やがて、ナチスの医師が駆けつけ、気道を塞いで少年の息の根を止め、
「解剖しろ」の一言を残してその場を去ります。

サウルはその少年が自らの「息子」であることに気がつきます。

そこからはまるで気がふれたがごとく、
「息子」をユダヤ式の葬儀で弔いたいと収容所内をラビ(ユダヤ教の聖職者)を探して駆け回るサウルの姿が映し続けられます。

それと並行して彼の周囲では、ゾンダーコマンド達の反乱計画が進行していきます。
サウルもそのメンバーの一人にはなっているのですが、「息子」の葬儀にこだわるあまり上の空です。

仲間の女性がくすねた火薬を受け取りに行っても、ラビを探すのに忙しく、どこかに落としてきてしまう始末。

解剖役のユダヤ人医師に頼み込んで解剖を免れた「息子」の遺体を自らの寝床に運び込むサウルに仲間達は呆れ、そのうちの一人からは「お前には息子などいない。死者を持ち込むな」と非難されます。

やがてゾンダーコマンド達による反乱が勃発しても、
サウルは戦闘に加わるわけではなく、
ただひたすらに銃弾の飛び交う中を
「息子」の遺体を抱えて逃げ続けます。

最初のうち、
私はサウルが実の息子を弔うために奔走しているのだとばかり思って観ていました。

しかし、自らの命の危険も省みずに「息子」の葬儀のために
無謀ともいえる行動を繰り返すサウルの姿を見続けているうちに、
献身的な父親というよりは、
実在しない「息子」に執着する精神的に病んでしまった男に思えてきました。

遺体の少年は彼の息子などではなく、
そもそも「息子」など実は存在しないのではないかという
疑念が生じてきます。

では、サウルにとっての「息子」とは何なのか?
死んだ「息子」を弔うという行為にどういう意味がこめられているのか?

収容所へと送られてくる人間達を次々とガス室へ送り、金品を収奪し、
その遺体を「部品」と称してゴミのように焼却し、その灰をシャベルで河に撒くということが
彼に課せられた日常です。
その極限状態にあって、
自らの信仰に基づいた儀式で死者を一人の人間として弔うということを
彼の心が本能的に欲していたということではないかと私は考えます。

つまり、
サウルにとっての「息子」とは、
自身が心を持った人間であることを見失わないための
「人間性の象徴」だったのではないでしょうか。

サウルは結局、「息子」の死を弔うことを果たせぬまま
反乱を起こしたゾンダーコマンド達と逃げ続け、
河を渡った際に溺れかけ、
これまで頑なに手放すことのなかった「息子」を
流してしまいます。

憔悴しきって仲間たちと森の中を歩き続け、
ようやく辿り着いた小屋で休憩をとります。

すると、
開け放ったままの小屋の戸のむこうに
一人の白人の少年が現れ、逃亡者たちをそっと眺めます。

その少年の視線に気がつくと、
それまでずっと無表情だったサウルが
はじめて笑みを浮かべます。
無垢ともいえるとても安らぎに満ちた美しい微笑みです。

少年は弾かれたように森の中を駆け出します。
カメラはいつの間にかサウルから少年へと憑依しています。
まるでサウルの主役としての役目が終わったかのように。
カメラの眼とは、我々の眼でありながら、
彼を見守っていた天使か死神の視線だったのでしょうか。

少年はナチスの追跡隊と鉢合わせし、
叫び声を上げそうになるところを口を塞がれ、
再び森へと放たれます。

追跡隊が森の奥へと消え、
銃撃の音が響き、サウル達が射殺されたことを暗示します。

少年がまるで野ウサギのように森の奥へと消えると、
物語は幕を閉じます。


本作はカンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞しています。

ご興味を抱かれた方は是非。

映画「サウルの息子」公式サイト
http://www.finefilms.co.jp/saul/


昨日(12月5日)、ルミネ池袋の8階にあるシネ・リーブルにて観賞してまいりました。

DSC_1638

オーストリアのモナリザとも呼ばれるグスタフ・クリムト作《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I》。
その黄金に輝く名画には秘められた真実があったーー。

ストーリーは実にシンプル。
アメリカでブティックを営む一人の老夫人(マリア・アルトマン)が、
自らの祖国であるオーストリア政府を相手取り、
ナチスに略奪された名画の返還を要求するというものです。
実話を元に映画化しています。

場面転換は名画の所有権をめぐる訴訟のシーンと
アルトマン夫人の過去が交互に描かれます。

今年は美術品盗難事件をテーマにしたミステリーを執筆していたことと、
芸大の近現代美術史の課題テーマをナチスの開催した「退廃芸術展」にした関係で、
この映画のテーマは知識としてありました。
正直、それほど期待せずに映画館に行きました……が、やられました。

以下は【ネタバレ】になりますので、
まだ観ていない方はご注意ください。


オープニングの画家が淡い光の下で金箔を絵に貼るシーンから
その美しい画面に引き込まれます。
そして、生身のアデーレの登場。
実物の絵よりも癖のない綺麗な顔立ちです。
オーストリアだけにしっかりドイツ語を話しています。

続いて舞台は現代のアメリカのとある墓地に。
ヘレン・ミレン扮する喪服姿のアルトマン夫人が登場し、物語が動き出します。
亡くなった姉の棺桶に土がかけられ、そこにはユダヤの星が。
祖国を追われたユダヤ人の子孫であることを示すさり気ない演出です。
夫人はかつて実家の壁に飾られていた叔母の姿が描かれた名画を
オーストリア政府から取り返すべく、
葬儀に出席した友人の息子である弁護士を家に招きます。

この駆け出し弁護士ランディ役の俳優、ライアン・レイノルズが
登場時は見るからに頼りなげな優男で良い味を出しています。
実在の人物で、あの音楽家シェーンベルクの子孫です。

ランディは就職したばかりの法律事務所でボスの機嫌を窺いながら、
最初はそれほどの熱意もなくアルトマン夫人の名画奪還の手伝いをしています。

だが、彼はやがて夫人とともにウィーンに赴き、
ナチスによるユダヤ人迫害の過去と向き合うにつれ、
夫人よりも熱心に名画奪還に取り組み始めます。
最初は頼りなげだった青年弁護士が
オーストリア政府および美術館を相手に法廷闘争を挑み、
いつしか頼れる一人の男になっていく演出は実に見事。
思わず感情移入して胸が熱くなります。

そして、要所要所で挿入されるアルトマン夫人の過去の描写。
ゲシュタポから逃れて夫と共に街を疾走するシーンは
「何とか二人とも無事に逃げてくれ!」と思わずにはいられませんでした。

彼女の両親との別れのシーンで思わず涙腺崩壊。
あまり映画を観て泣くことはないのですが、見事にやられましたね。
「おまえの新たな故郷の言葉で語ろう」とドイツ語から英語に切り替え、
自らの死を悟りながら娘を笑って送り出そうとする父親の表情の演技は迫真でした。

そういった暗い過去を乗り越えての訴訟の勝利。
名画が無事、夫人の元に戻り、彼女は自らの負った深い心の傷と向き合う覚悟ができ、
自身がかつて暮らしたアパートの階段を上がっていきます。

そして、夫人の目の前にはかつての華やかだった頃の家族が現れ、
誰もが彼女に笑いかけます。
最後の部屋には《アデーレの肖像》と若く美しい姿のままのアデーレ自身が夫人を迎え、
映画は幕を閉じます。

美しい映像もさることながら、実に上質な見応えのある内容の映画でした。
ご興味を抱かれた方は是非。

「黄金のアデーレ 名画の帰還」公式サイト http://golden.gaga.ne.jp

さらに、
以下の書籍に目を通してから行かれると、この映画をより楽しめると思います。

まずは拙著(小説)から。
作中にナチスに略奪された美術品を回収するエピソードが出てきます。




以下はノンフィクションです。



「盗まれた世界の名画」美術館
サイモン・フープト
創元社
2011-08-22




↑このページのトップヘ