行ってまいりました。

フェルメールとレンブラント展 入口 ポスター

メトロポリタン美術館所蔵の《水差しを持つ女》が初来日ということで、
今回のお目当てはやはりというか、当然ながらフェルメール。

閉館の1時間前にギャラリーへとたどり着くと、
展示されている17世紀オランダ絵画の変遷を横目に見ながら
一直線に《水差しを持つ女》へと向かいます。

展示室内は空いていました。

《水差しを持つ女》の前にも数人の観覧者が立っているくらいで、
正面の立ち位置から心行くまでじっくり観ることができました。

フェルメールの作品はポスターや画集のイメージから色彩が鮮やかな印象があるのですが、
実物はいくぶん彩度の落ちた暗い色彩の作品が多いです。

サイズも小さいので、傍でじっくり観たいところです。

ひと目見て感じるのは、
画面に宿るフェルメール特有の淡い光と静謐。
フェルメール・ブルーと呼ばれるラピスラズリの塗られたスカートと響き合う
上着のイエロー。
テーブルに敷かれたタペストリーのくすんだ赤。
シンプルな構図と色彩の配置は安定しています。

さらに細部をじっくりと観ていくと、
フェルメールという画家がいかに丹念に作品を描いていたかが解り、
観る者の心をとらえます。

女性の被る白い頭巾に落ちる光のグラデーションの美しさは言うに及ばず、
窓をつかむ女性の手がガラスのむこうに歪んで映っていたり、
銀メッキの洗面器の底がテーブルに敷かれた赤いタペストリーの模様を細かく反射していたりと、
見るごとに新たな発見があり、観覧者の目をとらえて離しません。

何気ない日常の風景が画家の眼と手を通すと、
何故これほどまでに神秘的かつ静謐に満ちた世界へと変貌を遂げるのか。

フェルメールの絵の魅力はまさにそこにあります。

さて、
《水差しを持つ女》を堪能した後は
もうひとつのお目当てであるレンブラントの作品へ。

出口に近い展示室に
「レンブラントとレンブラント派」として
まとめて展示されていました。

レンブラント作の大作としては一点のみ。
メトロポリタン所蔵の《ベローナ》。

歴史画の大家としては鎧の金属の質感はお手の物。
武装した戦いの女神を描いているのですが、
その表情はどこか穏やかです。

私が目を奪われたのは、
女神の持つ盾に浮かび上がるメデューサの
嘆きともとれる表情です。

シンプルかつ素早い筆致でハイライトを入れることで
金属の質感とメデューサの頭部で波打つ蛇の鱗までを
巧みに表現していました。

そうこうするうちに、
閉館まで残り20分の館内アナウンスが。

先ほど通り過ぎた絵画を入口まで戻りつつ
ササッと鑑賞してまいりました。

最後はグッズ販売コーナーにて、
フェルメールとレンブラント作品のポストカード(1枚150円)を購入。
IMG_20160211_094613


作品数が少なく、
観るべき傑作も多くはありませんが、
フェルメールとレンブラントという2人の天才を軸に
17世紀オランダ黄金時代の絵画の変遷を辿ることのできる展覧会でした。

ご興味を抱かれた方は是非。

「フェルメールとレンブラント展」特設サイト
http://www.tbs.co.jp/vermeer2016/