2015年10月28日から2016年2月28日まで、岡本太郎記念館にて、太陽の塔と対決する建築のアイデアコンペ「太陽の塔に対峙せよ!」が開催されています。
以下の写真はその展示風景です。入選者7名(組)は提案書の他に立体模型を作成し、展示しています。
この中から大賞と特別賞の各2名が選出されます。

DSC_0379

DSC_0376


展示室の壁には入選には漏れたものの、優秀作として選ばれた28点の提案書が展示されています。
その中にはnakajimaの応募した提案書も含まれています。以下がその提案書です。

DSC_0518


鉛筆デッサンのため分かりづらくて申し訳ないのですが、以下がそのデザイン意図です。

〈宇宙創成の時より蔓延る果てしない暗黒。太陽の象徴たる塔を中心に発生する時空の歪みが惑星群を縛り、また時として各々の引力で反発・牽制し合いながら宇宙の均衡と秩序を保っている。塔はその胎内に《生命の樹》を宿しながら両腕を広げ、現在、過去、未来の顔を向けて8つの惑星達と対峙する。ミクロとマクロの2つの宇宙の対決。光と闇の衝突。それは希望と絶望のせめぎあいでもある。そのせめぎあいこそがこの宇宙の真実である。また、日本の伝統的な作庭技術である「枯山水」を石(惑星)と砂(引力圏)に応用することで宇宙を表現し、色褪せぬアヴァンギャルドの象徴たる太陽の塔と我が国の伝統美をも対決させている。〉

ご興味のある方はご覧頂けると幸いです。

岡本太郎記念館
〒107-0062 東京都港区南青山6−1−19
Tel.03-3406-0801
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日のため
観覧料 一般¥620(¥520) 小学生¥310(¥210)※( )内は15人以上の団体料金です。
Webサイト:http://www.taro-okamoto.or.jp/